Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 管中の水滴の処理には「スワブ」!

Blog ブログ

CATEGORY


ひとりごと。

管中の水滴の処理には「スワブ」!

一回の練習や本番で、同じ笛をしばらく使っていると、管尻(笛のおしりの部分)から水滴が垂れてくる事、ありませんか?

管内の塗装状況にもよると思いますが、比江嶋の場合は、篠笛より龍笛のほうが比較的水滴が垂れやすいです。

水滴自体は、呼気中に含まれている水分だけではなく、管内と呼気の温度差による「結露」のような状態のものも多いようなので、

んですが、気になる方もいらっしゃいますよね。

 

 

そんなかたにおすすめなのが、「クリーニングスワブ」!

 



 

サックスのネック(マウスピースをくっつける部分)専用に作られているものがおすすめです!

 

 

 

これを、重りが付いているほうから唄口に入れて、管尻まで通して…

 



 

 

ゆっくりと抜いていきます。

 

この時、勢いよく抜いてしまうと、管の中で引っかかったり、唄口を傷つけたりする原因になりますので、注意が必要です⚠️

 



 

 

あまり頻繁には使わないんですが、長時間連続して吹き続ける時には念の為用意しています。

 

 

サイズ的には、YAMAHAの「S」でちょうど良いと思います。

 



 

YAMAHAのだと必ず付いていますが、重りの部分はこのように布で覆っているものがおすすめです。

この部分が固いものだと、傷の原因になりますのでできる限り避けましょう!

 

ブログ一覧