Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 【finale】高速ステップ入力、苦肉の策…

Blog ブログ

CATEGORY


制作活動

【finale】高速ステップ入力、苦肉の策…

鍵盤を弾くのが苦手な比江嶋。

鍵盤のリアルタイム入力なんてとてもできないので、楽譜をPCで打ち込む時は、MIDI鍵盤を押したまま、テンキーで割り当てられた音符を押して入力していきます。

「高速ステップ入力」というらしいのですが、、、

 

テンキーの何番にどの音符が割り当てられていたか覚えられない!!!笑

 

ということで…





 

こんな風に、テンキーそれぞれのキーに対応している音符を、マスキングテープやマスキングシールに書いて直接貼っています。笑

下のBUFFALOのほうは導入当初から使っているものなので、3年目かな?だいぶ年季が入っていますね、、、音符も消えかかってる…

 

「なんと原始的な方法…」と思われるでしょうが、これがなかなか使えるんです!

また、原始的つながりで、組太鼓(セット太鼓)の入力もMIDI鍵盤で行うんですが、どの鍵盤にどの太鼓の音符が対応しているかが覚えられず…
同じように、マスキングテープを使って視覚的にわかりやすくしています。

 



 

黒鍵盤だから汚れが目立つ…笑

この鍵盤はさらに年季が入っています。もう5年、いや、もっとか…。

 

この方法、教育用語で言うと「視覚支援」。

特別な配列がなかなか覚えられない比江嶋にとっては、これが作業能率のアップにつながっています💡

ブログ一覧